タワマンが売れない?どうなる2023年のマンション市況

『人気のタワマンが全然売れない…膨れ上がった「不動産バブル」も日銀黒田総裁の辞任で崩壊寸前』という現代ビジネスの記事がありましたのでご紹介です。

記事によると、東京・湾岸地域に「異変」が起こっているそうです。

飛ぶように売れてきたタワーマンションが売れなくなってきているとか。。。

ただ、事例として出されているのは、中古マンションの事例のため、新築マンションの販売が鈍くなった訳ではなさそうです。事実、福岡の新築マンションの市況は、変わらず好調な売れ行きが続いています。

日銀黒田さんが長期金利を上げましたが、短期金利は上げておらず、今のところ上がる予定もありません。

ですが、記事内では金利が上がるように書かれているので注意が必要です。

*「住宅ローンの変動金利」は、短期金利と連動します→参考記事

とはいえ、ですよ。

日銀が短期金利を上げたら、90%いや100%近い確率で不動産マーケットは崩壊します。

もともとの流れを大まかにまとめると

低金利を背景に不動産マーケットが好調

これが、不動産価格を押し上げ(土地入札で各社が高値で仕入れるため)

それに建築資材、建築費の高騰が加わり

異次元の不動産価格マーケットが誕生

一般サラリーマンの支払いの上限を遥かに超える物件ばかりがマーケットにあるのが現状です

この状況で、低金利がなくなれば、誰も購入できなくなります。

変動金利がそのままだとして、2023年はどうなるのか?

個人的な予測ですが

新築マンション福岡のマーケットは価格は高値で安定。

売れ行きが若干にぶる程度と予測しています。

あくまで、予測です。

例えば

ユーザーが変動金利の先行きに不安を覚えれば、買い控えが始まります。

アメリカや中国の景気悪化が、日本経済に大打撃を与えるかもしれません。

先は読もうとしても読めるものではないので、

変化の兆しがあれば、またブログに書こうと思います。

目次

<関連記事>

人気のタワマンが全然売れない…膨れ上がった「不動産バブル」も日銀黒田総裁の辞任で崩壊寸前
…この10年で価格は約2倍に 急激な金利上昇は起こらないので、不動産はまだ大丈夫だ。そんな声も聞こえるが、本当だろうか。すでに庶民には手が出ない水準に…
(出典:現代ビジネス)

<ツイッターの反応>

Twitterの反応を調べてみましたが、この記事に反応している人は少なかったですね。

投資まとめあんてなポータル@invest_portal3

【不動産】人気のタワマンが全然売れない…膨れ上がった「不動産バブル」も日銀黒田総裁の辞任で崩壊寸前 https://t.co/STHPweq9el

2023-01-15 06:03:56

(出典 @invest_portal3)

Yohei Uchida@uchida_yohei

人気のタワマンが全然売れない…膨れ上がった「不動産バブル」も日銀黒田総裁の辞任で崩壊寸前 #SmartNews https://t.co/jfQiA7EVkD

2023-01-15 05:26:36

(出典 @uchida_yohei)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次